オオバは茨城県水戸市のエクステリア、ガーデン、外溝、造園工事、門、塀、庭設計施工店です。施工エリアは日立市、ひたちなか市、小美玉市、那珂市など。

エクステリアのオオバ(水戸市) お気軽にお問合せください。
エクステリア&お庭のことなら、オオバにお任せ下さい。
このページのトップへ
ホーム » 施工例 » No.71 水戸市 新築外構施工例 ブラック色の似合うカッコイイ外構

No.71 水戸市 新築外構施工例 ブラック色の似合うカッコイイ外構

この記事についているタグ:水戸市
お客様からのご要望リスト

広い駐車スペース ブラックの2台用屋根 自転車置き場付の物置
境界線のブロック・フェンス 玄関下窓の目隠し アプローチ階段
ライトを設けて明るく 門壁にポスト・表札 庭に芝を張る


完成写真

DSC05728

敷地の広いお宅の外構です。
南側の庭には全面に芝を敷き込みました。
玄関側には,門壁・目隠しフェンス・目隠し壁を設置しました。


DSC05734

駐車スペースは2台用ブラック色のカーポートを設置。
コンクリートを敷き均し目地には人工芝を使用しています。

DSC05663
DSC05800


建物の大きな窓の目隠し用壁の内側にはプルメリアガーデンライトを設置しました。
夜には温かい光が坪庭の中を照らします。敷板はブラック色の板を採用!建物の雰囲気に合わせました。

DSC05852
DSC05677
DSC05822
DSC05676


物置には自転車置き場もあり,お子さんの自転車やガーデングッズなどがスタンバイ出来ます。物置隣には花壇も配置し家族で休日にお花を植えられます。
道路から見えるフェンスにはルシアスフェンスを使用しました。木目の周りをブラックのフレームに囲まれたフェンスで、とてもかっこいいフェンスです。
楽しいガーデンライフを過ごしていただきたいです。

DSC05846
DSC05848
DSC05854

ご提案図面
NiwaNaviImage
水戸市百合ヶ丘 全体パース
水戸市百合ヶ丘 K様 玄関前パース
水戸市百合ヶ丘 K様 玄関前パース夜
水戸市百合ヶ丘 立面

施工の様子
NiwaNaviImage


歩道とより敷地が高かった為、土留めを行います。写真は土を掘っている様子ですが、深さをこまめに確認しながら慎重に掘っていきます。


土掘りを終えたところに、砂利(基礎砕石C40-0)をならし締固めを行います。この締固め作業はとても重要な作業で、機械で何度も往復させて徐々に固めていきます。この締固め作業をおろそかにすると、上に乗せるコンクリートがどんなに丈夫なものでも沈んでしまいます。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


砂利(基礎砕石C40-0)の締固めを終えると、コンクリートを流すところに枠を組んでいきます。


その後、鉄筋を組立 コンクリートを流し込む準備が完了しました。鉄筋にも種類がありSD295Aというコンクリートの中へ入れる専用の異形鉄筋とう材料です。表面がデコボコしているのでコンクリートとの相性が良く、丈夫なコンクリートが出来上がります。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


いよいよコンクリートの流し込みです。弊社スタッフ青木が行っている作業は、流し込んだコンクリートに振動を与えてコンクリート中に含まれる空気を抜いているところです。こうすることで、より密度の高い丈夫なコンクリートとなります。


コンクリートの流し込みが完了しました。
NiwaNaviImage
20191225_1326_07_0862w1000_h1000


土留めのブロックが出来上がってました。
ブロック積みを終えブロックが固まったところへ、土を埋めていきます。この土を埋める作業も非常に重要で、いっぺんに埋めてしまうのではなく、30儖米發慮さを埋めたら締固めを行い、層の様な状態にしていきます。こうすることで、後から地盤が沈下することを最小限にとどめることができます。また、構造物への負担も少なくなります。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


歩道側の表面には山砂をならし、敷地内だけではなく外部もすっきりと仕上がりました。あまり目立たない作業ですが、とても大事なところだと思います。

庭と駐車場部分にも段差ができるので、土留めの準備が始まりました。写真は位置出しが終わり、土掘り作業を行った様子です。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


こちらもブロック積みが無事に終わり、写真はブロックの上部を仕上げる為に、養生を行っているところです。テープの内側に仕上げのモルタル塗りを行い、その後 養生のテープをはがすことで、均一な幅のモルタル仕上げとなります。


右の写真がモルタル塗りが終わった様子です。少し時間をおいてテープをはがすと・・・
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


写真のようにとてもすっきりと仕上がりました。この一連の作業がブロック天端仕上げという作業となります。


土留めが終わり庭側には、物置を置くためのスペース造りがはじまりました。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


コンクリートを流し込む為の準備が完了しました。


コンクリートの流し込みの様子です。コンクリートの表面を専用の道具(トンボ)で平らにならしていきます。とても簡単そうに見える作業ですが、とても重要な作業なんです。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


無事に平らなコンクリートが出来上がりました。この上に自転車置き場付きの物置を設置していきます。


玄関前の準備も、いよいよ始まりました。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


玄関までには段差があるので、階段を作っていきます。


階段の袖をブロックで造っていきます。階段の仕上げはタイル貼りとなるので、タイルの割付けを考え慎重に進めていきます。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage



階段袖のブロックと門壁も無事におさまり、周辺の関連する作業が始まりました。


既設の石積みの土留めの端部が見えてしまうところには、ピンコロ石の色をランダムにして積み上げアクセントにしました。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


階段の下地も順調に進み玄関周りの形も見えてきました。ライトを設置する為の配線作業も順調です。


物置の組み立て作業も始まりました。物置は設置する大きさによっては目隠し効果を得られることもあります。また、使い勝手も重要なので置く場所には検討が必要です。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


写真はカーポート屋根組み立ての様子です。フラット屋根のスッキリとした形の2台用のカーポート屋根です。色は、建物の雰囲気に合わせてブラックが採用されました。コチラのカーポート屋根は、リクシル フーゴFワイドという商品です。


目隠しのフェンスも設置されました。木の板張りに見えるフェンスは、人工の物ですき間や高さを自由に変えることが出来る商品です。同じような商品は、多くのメーカーが取り扱っておりますが、今回はF&Fのマイティーウッドという商品を設置しました。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


庭にはつくば産の姫高麗芝を張り仕上げました。緑が加わると落ち着きますね。



カーポート屋根や物置の組み立ても無事に終わり・・・
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


駐車場型枠の組み立てがスタートです。とても広い駐車場なので、組みごたえがありますんね!



室外機などで高さの調整が難しい物は、周辺を囲い・・・
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage




中に化粧砂利を入れてスッキリと収めました。



タイルもキレイに仕上がり、割り付けもピッタリと収まりましたね。現場を担当した弊社スタッフのワタナベも一安心していました。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


門壁の足元には、アクセントに自然石の乱貼りを施し華やかに!
NiwaNaviImage
これでコンクリートを流し込む為の準備が整いました。型枠が組んである場所は、後にすき間となり砂利を入れたり石を貼ったりしてアクセントになりますが、本当の目的はコンクリートの伸縮によって不規則にヒビが入ってしまうのを防ぐ役割をしているんです。なのですき間を開けたくないお客様の時は、写真の中央に見える細い材料(仕切り目地)を設置することで、同じ役割を果たすことが出来ます。


いよいよコンクリートの流し込みです。駐車場がとても広いので、コンクリートを流し込む専用の車両 コンクリートポンプ車で流し込みます。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


無事に流し終わりました。ここから仕上げ作業をするまでの間に、何度も駐車場の中や周辺をならして下準備をしていきます。今回の仕上げ方法は、刷毛引き仕上げと呼ばれる仕上げ方で、一度金ゴテ仕上げを行ってから刷毛で薄っすらと刷毛目を付けていきます。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
上の写真は仕上げが終わった写真です。刷毛引き仕上げは、簡単なイメージがあるので多くの方が採用しますが、仕上げの工程は刷毛引き仕上げの方が多くなるんです。一度金ゴテ仕上げを行いその後刷毛を引き縁取りの面ゴテ仕上げを行うという流れになります。この工程を省くと凹凸が残り表面の劣化も早くなります。
NiwaNaviImage



コンクリートが固まり型枠の取り外し後・・・



今回は、すき間の部分に人工芝を設置しました。人工の芝なので手入れや陽当たりを気にすることなく安心ですね。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage


そしていよいよ仕上げの作業が始まりました。ライトの器具を取り付け・・・



今回のライトは、全て12Vの器具を使用しました。12Vの商品を使用することで、一般の人でも触ることが出来るのと庭仕事をしているときに万が一配線をスコップで切ってしまったなどの時にしびれたりすることがありません。
NiwaNaviImage
ポイントに植栽を入れて華やかに彩り
ついに完成となりました。
NiwaNaviImage
NiwaNaviImage
ClipboardImage
水戸市の工事なら地域密着型のオオバにお任せください!
オオバは、水戸市を中心に、那珂市、ひたちなか市、笠間市、日立市、那珂、郡東海村、東茨城郡茨城町、東茨城郡大洗町、小美玉市、鉾田市 でエクステリア&ガーデン工事を承っております。
その他エリアでも施工可能な場合がございますので、まずはお気軽にお問合せください。


ClipboardImage